すそわきがの原因とは?デリケートゾーンの臭いはなぜ発生するのか

女性の下着

 

デリケートゾーンは構造上、どうしても臭くなってしまいがちですが、すそわきがの場合はその臭いがさらにきつくなってしまいます。

 

場所が場所だけに気づいてもなかなか言い出せないでしょうし、指摘さればときのショックも大きいでしょう。

 

少しでも臭いを抑えるためには、その原因について知ることが必要になります。

 

すそわきがの臭いがなぜ発生するのかについて、説明していきましょう。

 

すそわきがの原因!カギを握っているのは「アポクリン腺」

すそわきがの臭いについて説明する前に、知っておいてほしいことがあります。それは、汗腺にはエクリン腺とアポクリン腺の2種類があるということです。

 

エクリン腺から分泌される汗は、体温調節のためのもので、運動や気温によって体温が上がりそうなときに分泌されるものです。

 

全身ほぼくまなく分布しており、分泌される汗の成分は基本的に水分と塩分だけからなっています。

 

これに対して、アポクリン腺から分泌される汗は本来、性フェロモンのような働きを持っており、性的に興奮したときに分泌されやすくなります。

 

エクリン腺と異なり、わきの下やデリケートゾーン、外耳道など特定の部位にしか存在していません。

 

成分もエクリン腺から分泌される汗と違い、脂質やタンパク質などを含んでいます。そして、このアポクリン腺から分泌される汗が、すそわきがのカギを握っているのです。

 

臭いの発生メカニズムは基本的にわきがと同じ

アポクリン腺から分泌される汗がすそわきがの「カギを握っている」と書いたのは、汗そのものには臭いの原因となる物質が含まれていないからなのです。

 

汗が蒸発しやすいサウナルームにほとんど臭いがないのは、臭いの原因となる物質が汗には含まれていないからです。

 

問題は、アポクリン腺から分泌される汗を栄養分として繁殖する細菌があることです。

 

この細菌が栄養分を分解する際に分泌される物質が、臭いの原因となっているのです。これはアポクリン腺から分泌される汗の量が多いほど細菌が繁殖しやすく、臭いも強くなることを意味しています。

 

アポクリン腺から分泌される汗で繁殖する細菌が臭いの原因というのは、実はわきがと同じなのです。

 

上にも書きましたように、わきの下もデリケートゾーンもアポクリン腺がある場所なので、臭いが発生するメカニズムも同じになるというわけです。

 

排泄物や経血によって臭いが強くなるのが違い

ただ、デリケートゾーンにはわきの下にはない特徴があります。

 

それはアポクリン腺から分泌される汗以外にも、細菌の栄養素となる物質が存在しているということです。それは排泄物と女性の経血です。

 

排泄物は消化された食べ物のカスであったり、老廃物であったりするわけで、栄養分が含まれているといわれてもピンとこないかもしれません。

 

ただ、実際には消化器ですべての栄養分が吸収されるわけではなく、排泄物にも栄養分は残っています。

 

化学肥料が普及する前は、排泄物を肥料として使うことが一般的だったのがその証明といっていいでしょう。

 

こうした栄養分によって、わきの下以上に細菌が繁殖しやすくなりますので、分泌物の増加によってわきが以上に臭いがきつくなってしまうのです。

 

そして経血は血液です。タンパク質などから作られる赤血球や、栄養分が多く含まれている血漿などからなっていますので、細菌にとっても栄養分となってしまうのです。

 

生理中はナプキンを使用する関係で、どうしても普段より風通しが悪くなってしまいます。

 

そうでなくても蒸れやすいところに、さらに栄養分が与えられるわけですから、細菌の繁殖は活発になるでしょう。結果として臭いのもととなる分泌物が増加し、臭いもきつくなってしまうのです。

 

すそわきが対策はデリケートゾーンを清潔に保つこと

こうしてすそわきがの原因について説明していくと、おのずとその対策も見えてきます。

 

すそわきがの臭いは細菌の分泌物によるものなのですから、細菌の繁殖に必要な栄養分を与えなければ、臭いが軽減されることになるのです。

 

具体的には、汗をかいたらこまめに拭くことです。気温の高い夏場や、スポーツをした後などは、汗によってデリケートゾーンの栄養分が豊富になっています。

 

このときにウエットティッシュなどで汗を拭くようにしていれば、細菌の栄養分を減らすことになり、繁殖を防ぐことができるのです。

 

排泄物などについては、女性の場合はビデ洗浄を活用するのもいいでしょう。水によって洗い流すことで細菌の栄養分を減らすことができるからです。

 

そして、入浴時にはデリケートゾーンを適度に洗うことが必要です。

 

ただ、皮膚にはすそわきがの臭いの原因となる細菌だけではなく、その細菌を退治してくれる別の細菌も存在しています。

 

洗いすぎるとそうした有益な細菌まで殺すことになってしまい、結果としてすそわきがの原因となる細菌がのさばり、かえって臭いが強くなる可能性があるからです。

 

このように、すそわきがの対策は、ある程度は個人で可能なものです。

 

ただ、重度の場合はそうも言っていられないでしょう。恥ずかしいかもしれませんが、医療機関に診てもらうのもいいかもしれませんね。

 

すそわきが対策まとめ!生理中のナプキンの処理やNG行動とは?